イセザキ眼科医院

学校健診

小児の視力低下

   矯正視力は通常5歳前後で1.0になると言われていますので、1.0なければ何らかの眼疾患が疑われます。近視は点眼治療することで進行を予防することができます。強い近視や遠視の場合には弱視にならないために小さい頃から眼鏡装用が必要になります。また、小児でも角膜疾患、白内障緑内障網膜疾患、精神疾患などで視力低下することもあるので眼科医の診断が必要です。弱視の場合、治療開始は早ければ早いほど視力が改善しやすいので、学校健診で視力低下を指摘された場合には早めの受診をお勧め致します。

近視の原因

・30㎝未満での読書や電子機器の操作
・30分以上の読書や電子機器の操作
・遺伝や疾患による眼軸長の延長

   近視は6歳から始まり16歳まで進行すると言われています。上記のように遺伝的要因だけでなく、情報化社会に伴ってパソコンを筆頭にポータブルゲームやスマホの使用方法など環境的な要因も深く関係しています。

強度近視に起こりうる合併症

白内障
緑内障
網膜剥離
・網膜分離症
・網脈絡膜萎縮
・近視性脈絡膜新生血管

   屈折が-6.5D以上の近視を強度近視と言い、様々な合併症が起こりやすくなります。初期であれば積極的な治療で後遺症を残さない疾患もありますので、当院では定期的な眼底検査やOCT検査、視野検査をお勧めしています

最先端の近視予防

・コンタクトレンズ装用
・オルソケラトロジー装用
・0.01%アトロピン点眼

   近年、研究の成果や医療技術の発達により、様々な予防治療が開発されています。コンタクトレンズ装用やオルソケラトロジー装用は40~50%の近視抑制効果があり、積極的に行っている施設もありますが、低年齢での装用は角膜感染などによる視力低下のリスクがあるため当院ではお勧めしておりません。

当院で勧める近視予防

・0.01%アトロピン点眼

   当院では6歳から12歳までの屈折が-1.0D以上のお子様に0.01%アトロピンを1日1回点眼するようお勧めしています。このアトロピンは眼軸長の延長を60~70%抑制し、近視を予防すると言われています。効果に個人差はありますが、1日1回の点眼で手間もかからず副作用がほとんどありません。ご興味のある患者様は一度ご来院下さい。治療の適応も含めて詳しくご説明させていただきます。

色覚異常

   先天性色覚異常は男性の5%、女性の0.25%と言われています。現在はバリアフリーの時代のため信号も蛍光の青赤黄色となり、軽度な色覚異常があっても生活に不自由することは少なくなりました。しかし、微妙な色の識別が必要な職種などでは未だに就職できない場合もあり、学校や就職先の募集要項にはよく目を通す必要があります。また、親御さんや学校の先生はお子様が色覚異常だから色の区別は出来なくても仕方ないと見過ごされる場合もありますが、「桜はピンクだよ」とか「木は茶色で葉っぱは緑だよ」とか、一つ一つ丁寧に教えることによって、お子さんが周りの子と同じように絵を描くことが出来るようになります。治る疾患ではありませんが、そういった訓練を積み重ねることで健常者と同じように過ごされてる方もたくさんいらっしゃいますので、学校健診で指摘された場合だけでなく不安なときはいつでもご相談下さい。





横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅からの
徒歩ルートは下から視聴可能です
JR京浜東北線 関内駅より徒歩5分 
京浜急行 日ノ出町駅より徒歩8分


当院の治療方針や医療機器・検査など、また求人情報についても気軽にお問合せ下さい。

連絡先:045-261-2782

ご予約を希望される初診の患者様はこちらから

診療時間外は下記の✉Q&Aよりご連絡お待ちしております。
 

☆求人募集(随時更新中)☆

受付事務・医療補助
視能訓練士
看護師・准看護師(時給up)

   当院では明るく笑顔の素敵なスタッフを募集しています。詳細は上記職種をクリックしてご覧下さい。皆様からのご応募お待ちしております。
PAGE TOP