イセザキ眼科医院

飛蚊症で始まる網膜剥離

Home > 飛蚊症で始まる網膜剥離
携帯サイト用QRコード
QRコード
★注意事項

1) 当院ビル2階ですがエレベーターがございません。足の不自由な患者様は1階に設置してあるインターホンを押して下さい。従業員が階段を上るお手伝いさせていただきます。
2) 生活保護指定病院ではありません。

ご不便をおかけしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

アクセスカウンター

飛蚊症とレーザー治療

   飛蚊症は硝子体中の濁りが原因となり、明るい所で虫が飛んでいるように見えます。濁りの原因は様々で9割以上が生理的飛蚊症と言われ、あまり改善はしませんが特に治療も必要ありません。しかし、網膜剥離の前兆として飛蚊症を自覚することもあり、その場合にはすぐに眼科受診が必要となります。網膜剥離の原因である網膜円孔や網膜裂孔は初期であれば日帰りレーザーで治療が可能ですが、一旦進行してしまうと入院手術をしなければなりません。当院では痛みの比較的少ないスキャンパターンレーザーを導入しています。飛蚊症を自覚しましたら迷わず受診をして下さい。
横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅出口すぐ
JR京浜東北線 関内駅より徒歩5分 
京浜急行 日ノ出町駅より徒歩8分

連絡先:045-261-2782
お気軽にお問い合わせ下さい。